確定申告で医療費控除を申請するメリット

医療費控除とは、1年間(1月1日から12月31日)に病院を受診してかかった医療費の合計額が10万円を越えた場合に、確定申告をすることで所得税や住民税の還付がうけられる制度です。
ただし、総所得が200万円未満の人は別の計算式が適用されますので、全ての人が10万円というわけではありません。
医療費の合計額は本人の分だけでなく、生計を一にする家族の分も対象となります。
また、病院に通院する際にかかった交通費も医療費として考えられます。
医療費控除を申請するには、医療費控除の明細書の作成が必須です。
医療を受けた人・病院名・治療内容・支払った医療費などを入力するため、もらった領収書は捨てずにきちんと保管しておきましょう。
年末調整で終わらせている会社員のなかには、確定申告に馴染みのない方もいるでしょう。
しかし、医療費控除の申請をするだけで、所得税が軽減される可能性があるのです。
面倒だからと敬遠しないで、1年間にかかった医療費を計算してみてはいかがでしょうか。