診療所で補佐役として参加している

診療所は患者と接する機会が密で、思いやりと機転、細やかな気配りがスタッフには大切な心得です。
また、医療業界は常に変化しています。
新聞を読むなど、情報を早く知ることが必要です。
例えば、診療所では医療事務・メディカルクラークが活躍します。
資格を取得しても法の改正により算定条件や点数が変わったり、内容も変化しますし、新たに学ぶことの方が沢山あり、なるべく早く就職することが勧められています。
看護師の数が限られた小規模の診療所では、事務職が診療補助業務を行う場合もあります。
医薬品や診療材料の購買管理、購入物品の在庫管理は、裏方で雑務といった暗い印象ですが、医療機関にとって欠かせない業務です。
もちろん、大病院では清掃は業者に委託しますが、院内・院外清掃も担います。
在宅療養中の患者さんに薬を届ける、往診車を運転する仕事まで担っていることは、意外に世間一般には知られてはいません。
実際に、診療所の院長は医療のスペシャリストであっても、経営は事務職が補佐しています。